上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top
ブログタイトルを変えました。
その名もオナ禁でLifehack!

そもLifehackとは
自身の生活を、
気の利いた手段で、もっと快適に、もっと楽しく、もっと効率良く
するための方法論を模索する。っていう考え方です。

主に技術者が効率的に生産性を高める為に用いる考え方ですが、
人間工学的側面から見ればオナ禁も充分にLifehackの概念に当てはまると考えたので。
オナ禁に挑戦していくだけでなく、自身の生活のあらゆる問題に向き合い改善して、
より人生の質を高めていこう!っていう意志を込めて。
なんのこっちゃ。
ニュアンスだけでも伝わればいいや。

-----

こう、オナニーしたあとって
「またつまらぬ物で抜いてしまった……」
「今の俺はエロなんか興味ないぜ」
「もう嫌だ、死にてえなー」

みたいな心境に陥ることってありませんか?
そう、俗に言う賢者タイムです(笑)

いま20代の僕ですが、
12~3歳ぐらいでオナニーを覚えてから現在に至るまでは、もう日課でした。
そのうち、いつからか賢者タイムが長くなったように感じます。

そしてある日の賢者タイム。
ふと目にしたのが、「オナ禁体験談」
こ、これは……と、まさしく衝撃でした。
まさか、オナニーが自分の人生にこんなにも悪い影響を及ぼしていたなんて!
これは僕の場合ですが、多くの人はこんな感じかな?

そしてオナ禁に取り組み始める。
オナニー=悪」の図式が出来上がる。
けど3日と持たない。虚脱感と自己嫌悪に頭を抱える日々。

辛いですよね。
辛いです。
何で、生きていく上で必ずしも必要でないことなのに、
「する」ことより「しない」ことのほうが難しいんだ!って毎日葛藤してます。

最近はこの賢者タイムにいくつかの変化が見えてきました。
というか、必要に応じて変化したのかもしれません。

まず、虚脱感が少なくなったこと。
「自分ってダメなヤツだなぁ」と思ってクヨクヨしている時間が、
何より勿体無いと思うようになりました。

そして、驚くべきは、抜いた後にも行動力が生まれることです。
もちろん、オナ禁継続期間のような自信に満ちたものではないのですが。
前述の通りですが、クヨクヨしている時間が勿体無いんです。
だから、ある種の潔さみたいなものがあって、
「やっちまった以上仕方ないし、次また頑張ろう。」
と、月並みな言葉ですが前向きになれる。

それでも、決して
「自分なりに良く頑張ったよ」
なんて思わないことです。
これまでの経験上、甘えを許してしまう事は
それ以上の進展を妨げる最大の要因となります。たぶん。

そして、何より大事なのが
「射精による悪影響を低減する為に、とりあえず何かしよう」
と思うようになったことですかね。意外と盲点。
「それまでのオナ禁で積み上げた物をゼロにしないために」とも言い換えられます。
部屋の掃除をしてみたり、買い物に行ってみたり。
時に勉強であったり、ムダ毛の処理だったり(笑)
ムラムラして集中できないよりは、幾分もはかどります。

それでも、リセットはリセットですからね。
言い訳は出来ません。情けないのは良く分かっています。
ただ、失敗は失敗と潔く認めて、次のステップへと活かすことが大事なんだと思っています。
スポンサーサイト
2008.11.24 Mon l オナ禁考察 l コメント (0) トラックバック (0) l top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。